|ニュース一時預かり病後児保育ほっと れもんてぃフォトギャラリーアクセス
         *こちらのリンクボタンからは、あゆのこ保育園のホームページに移動します。

2014年6月27日金曜日

『わたしのワンピース』

 
 
『わたしのワンピース』
 
 にしまき かやこ/ 絵・文
        (こぐま社 1969年 12月発行)


 空からふわふわっと落ちてきた真っ白なきれ。主人公のうさぎさんは、このきれを使って、ミシンで真っ白なワンピースを作ります。そして、このワンピースを着てお散歩に出掛けると…お花畑では真っ白だったはずのワンピースがいつの間にか、お花の模様に、雨が降ってくると水玉模様に…と次々に大変身!小鳥の模様になった時には空を飛んでしまう、そんな素敵なワンピース。次に何の模様になるのかは、ページの中に描かれているので、次はきっとこの模様になるはず!と、わくわくしながらお話を楽しむお子さんもいらっしゃるかもしれませんね。
現実には絶対にあり得ない!だからこそ楽しい!もしもこんな風になったらと想像したり、夢見たりすることの楽しさを教えてくれる絵本です。絵本を読んでいると、リズミカルな言葉の繰り返しが心地よく響き、優しい色遣いの絵とともに、いつの間にか絵本が作り出す空想の世界へと引き込まれていきます。お母さん、お父さんも是非、お子さんと一緒に「わたしのワンピース」が作り出す空想の世界を楽しんでみてくださいね。夢見る心や、空想の世界が広がっていく、お勧めの絵本です。