|ニュース一時預かり病後児保育ほっと れもんてぃフォトギャラリーアクセス
         *こちらのリンクボタンからは、あゆのこ保育園のホームページに移動します。

2013年2月1日金曜日

『はなをくんくん』

 /ルース ・クラウス   絵/ マーク ・シーモント
 訳/きじま はじめ     (福音館書店1967


 冬の森の中、降り積もる雪の下で冬眠している動物たち。くまも、ちっちゃなかたつむりも、りすも、やまねずみも、みんな丸くなって眠っています。そしてある時みんなが一斉に目を覚まし、はなをくんくんさせながらひとつの場所へ向かって駆け出していくのです。動物たちがはなをくんくんさせて、走り着いた先 にあったものは...一輪の黄色いお花でした。雪の中にお花がひとつ咲いているのを見つけて、動物たちは大喜び!春の訪れの喜びとあたたかさが感じられるお話しです。
 季節はもうすぐ春ですね。冬の間、茶色の多かった公園の垣根や道端、周りの景色が少しずつやわらかい緑や、黄色いたんぽぽ、小さな青いオオイヌノフグリなどに彩られ、色彩豊かな景色へと変わっていきます。冬の間見かけなくなっていたアリなど、小さな虫たちの姿も見つけることができるかもしれません。
 子ども達は大人が見逃してしまいがちな小さな変化も敏感に感じ取り、見つけることがとても上手です。発見したことを一 緒に喜んでもらえると、嬉しくなってもっともっと見つけてみようと視野が広がっていきます。少し暖かくなり始めたら、お散歩をしながらお子さんと一緒に小さな春を探してみるのも素敵ですね。是非、発見したことをお子さんと一緒に喜び、楽しんでいただけたら、と思います。
 暖かな春の訪れが待ち遠しくなるそんな素敵な絵本です。

                保育士 小島真由美