|ニュース一時預かり病後児保育ほっと れもんてぃフォトギャラリーアクセス
         *こちらのリンクボタンからは、あゆのこ保育園のホームページに移動します。

2012年12月1日土曜日

『ちびちびゴリラのちびちび』

作・絵:ルース ・ボーンスタイン
/ 訳:岩田みみ 
(ほるぷ出版 1978年 8月 発行) 


 ちいさなかわいいゴリラが森に住んでいました。お母さんも、お父さんも、おばあさんも、おじいさんも、そして森の動物たちみんなが、ちいさなゴリラのちびちびのことが大好きでした。そんなある日、何かが起こりました。ちびち びがどんどん大きくなり始めたのです...。
絵を見ていると、どんどん大きくなり始めたちびちびを、 少し離れたところから見守る動物たち。その表情は、ちょっとびっくり?何が起きたのかと不思議な感じ?でしょうか ...。お話の最後は大きくなったちびちびの誕生日をみんなでお祝いします。周囲から温かく見守られることで安心して伸び伸びと育っていくちびちびの姿は微笑ましく、ちびちびがたくさんの愛情に包まれて育ってきたことが伝わってくる、読んでいてやさしい温かい気持ちになれる絵本です。
『大好き!』という気持ちを向けられると、みんな嬉しい気持ちになりますよね。小さな頃から色々な人とふれあって、いろいろな人と気持ちの交流をして、成長と共にたくさんの『大好き!』を感じていってくれたら嬉しいですね。
色合いがやさしくほっこりとした温かさが感じられる素敵 な絵本です。


ほっと れもんてぃ保育士 小島真由美