|ニュース一時預かり病後児保育ほっと れもんてぃフォトギャラリーアクセス
         *こちらのリンクボタンからは、あゆのこ保育園のホームページに移動します。

2012年6月1日金曜日

『どろんこ どろんこ!』


 文:わたなべしげお / 絵:おおともやすお
 (福音館書店 1981年4月) 




 主人公のくまくんが、砂場にシャベルとバケツを持って 行き、砂遊びを楽しむお話です。くまくんはお山を作った り、穴を掘ったり、水を運んできたりして、どろんこ遊びを思 い切り楽しみます。遊んでいるうちにどんどん楽しくなって きて、遊びがダイナミックになっていく心の動きがとてもよく 伝わってくる、読んでいる子どもたちの心をくすぐるお話です。
 くまくんのように、砂遊びが大好きなお子さんは沢山いる ことと思います。山を作ったり、型抜きをしたり、小石や草 花を加えて「ごはん!」と見立て遊びをしたり...。どんな形 にでも姿を変え、混ぜる水の量によって色々な感触を味 わうことの出来る砂場(どろんこ)は子ども達にとって遊び の宝庫!これから、だんだんと暑くなってきて、泥遊びや 水遊びをするには良い季節になりますね。時には思い切 り泥んこ遊びを楽しんではみませんか?汚れることなんて 気にもせず、夢中になって遊ぶ機会を得ることは子どもた ちにとって、とても大切なことです。きっと、心を解き放って キラキラと輝く子どもの表情に出合えると思いますよ。
 夢中になって遊ぶ子どもの気持ちがストレートに伝わっ てくる絵本です。 


保育士 小島真由美